メイン画像
最近の出来事
令和元年8月25日
今年も沢山のご注文ありがとうございます。
予定数となりましたので、一旦注文受付を終了させていただきます。
また販売に余裕ありましたら再開させていただきます。
令和元年8月5日
今年のご注文受付を開始しましたので、よろしくお願いいたします。
また、「出荷のご案内」も順次郵送しています。
http://www.okayamakajyu.com/01orchard/tyuumon.html

左がピオーネ、右がゴルビーです。少しずつ色づいてきました。

令和元年7月31日
今年は梅雨入り、梅雨明けとも遅かったので生育が例年より遅れております。
このため、例年、8月1日からご注文を受け付けておりましたが、
今年は8月5日頃から受付を予定しています。もうしばらくお待ち願います。
平成30年8月23日
天災の少ない岡山ですが、今年は続きますね。
台風20号が近づいています。
土をやわらかくするため、本日は酵母菌をタンクで培養し、畑に散布しました。
雨で地中深くまで染み込ませるために、降雨前に作業するのがポイントです。
雨の少ない8月なので降雨は歓迎ですが、台風はちょっと強すぎですね。

平成30年8月19日
赤ぶどうもだいぶ色が濃くなってきました。
今年の収穫は少し早くなりそうですね。


平成30年8月5日
運送業界の人手不足などにより、今年からゆうパックのサービスが変更となりました。
変更点は以下の通りです。

  ・配送料の改訂
  ・「お届け通知」葉書の廃止

  詳細はpdfファイルをご覧下さい。
  配送料他改定のお知らせ

平成30年8月1日
今年の注文受付を開始しました。
「出荷のご案内」を順次発送しておりますので、到着までもうしばらくお待ちください。


ただおいしいぶどうを作りたいと思っています

就農当初は化学肥料が最も進んだ肥料だと思っていました。 しかし、味に雑味を感じるようになり、原因を調べるため土壌の成分調査から始めました。

そこで、不足しているミネラル分があることがわかったのと同時に、土の中の「微生物」が植物がなかなか吸収することのできない肥料の吸収を助ける働きがあることも知りました。 「微生物」は人間の腸でもその活動の有用性が証明されています。

この微生物を育てるのが「有機肥料」だったのです。「有機肥料」はアミノ酸を含んでいます。アミノ酸は植物の根から吸収できるので、雑味の原因と思われる硝酸態窒素の吸収も少なくできると期待しています。

「岡山 太陽のそばの果樹園」は、主として「有機肥料」を使い、植物の健全な育成に役立つ土の中の「微生物」を育てることを栽培方針とし、おいしいぶどうをお客様に提供できるよう日々ぶどうに向き合っています。

果樹園について

岡山 太陽のそばの果樹園
〒716-1131
岡山県加賀郡吉備中央町上竹688-2
tel/fax 0866-54-1075

園主写真



ブドウのご注文

印刷できる樹木図鑑

フェイスブックへ